一般社団法人 ほっと岡山

団体の活動概要


ほっと岡山は、東日本大震災・原発事故で岡山県へ避難・移住された方々に対し、ワンストップ相談窓口をもうけ、住まいと暮らしの再建に向けた支援事業を行なっています。

住宅、就労、子どもの就学や家族、身体と心のケアなど一人ひとりの相談内容に合わせ、さまざまな社会資源を適材適所につなぎ、制度の紹介や情報提供の支援をしています。あわせて、避難者の方の調査・見守りも行なっています。

避難・移住されてきた方たちは、長引く避難生活の中でいまだ多くの不安を抱えており、当事者だけでは解決できないのが現状です。当法人では、避難者一人ひとりがご自身らしく生きていくためのサポートをモットーに、避難先と避難元双方の行政、中間組織、民間支援団体、その他専門機関とネットワークを構築し、安定的に支援が継続できるよう、包括的なプラットフォームとしての活動を続けています。

居住に関連した支援対象者


東日本大震災・原発事故で岡山県へ避難・移住された人、その家族

支援内容


●相談窓口

来所・電話・メールによる相談を受け付けています。火・木・金曜 10:00~16:00 事前にご予約いただけるとお時間を確保して対応できます。相談は無料、秘密は厳守いたします。
各支援団体と連携し、個別ニーズに沿って必要な情報提供とマッチングを行なっています。

・主な相談内容
 支援情報/避難元情報/支援団体情報/ADR/住居/仕事/地域/暮らし全般/家計/こども/教育環境/家族問題/心と健康/人間関係/移住相談/ 保養/一時滞在/シェアハウスなど ※ADR(裁判外紛争解決)…身の回りで起こるさまざまな法的トラブルについて、裁判をおこすのではなく、 当事者以外の第三者に関わってもらいながら解決を図ること。
・暮らしの中の身近な法律相談には司法書士が対応しています(第1金曜日)。自宅の売却、ローンや土地の整理、住居や暮らしの悩み、労働での トラブル、離婚問題など、書類や契約にまつわる要件もお気軽にご相談ください。必要に応じて弁護士や外部の専門機関におつなぎすることもできま す。
・毎月第4金曜日は、臨床心理士による相談日を設けています。
・心のケアについては、岡山県臨床心理士会と連携し、おつなぎしています。

●おたよりの発行

毎月1回「ほっとおたよりNEWS」を発行し、岡山県へ避難されている方に無料配布しています。
相談会のイベントや勉強会のレポート、支援情報などをご紹介しています。おたよりをご希望の方は、岡山県にお問い合わせいただくか、「ほっと岡山」までお問い合わせください。

●個別訪問・同行支援

来所での相談が難しい方には個別訪問での相談をしています。また、各種相談窓口へ行きにくい、うまく相談できるかどうか不安という方は、当相談員が同行することもできます。

●勉強会/情報説明会/交流会開催

福島県、復興庁、各自治体による支援情報説明会や交流会を、県内各地で開催しています。

●交通費の補助(ふるさとふくしま事業)

帰省や今後避難元に戻られる際の下見等に通年利用できる交通費の補助(修学前児、宿泊費も可)をしています。
申請をご希望の方はお問い合わせください。
対象:福島県から避難された方、全国避難者情報システムに登録されている方。

●託児支援

母子避難やシングルペアレントの家庭を優先し、地域のファミリーサポート等を利用する際の託児支援をしています。

●当事者同士の場づくり

避難・移住者同士で、安心した場で悩みや経験、情報を共有できる交流カフェなどを企画しています。傾聴の専門家がサポートします。

●行政や専門機関と情報共有の場づくり

岡山県、福島県、復興庁や広域避難者支援に取り組む多層な県外団体とも連携し、避難者支援の課題解決の働きかけをしています。

支援条件


不問。

支援申込方法


電話またはメールにてご相談をお受けします。
来所相談については、事前に電話またはメールで日時をご予約いただけますと、お時間を確保して対応いたします。
※相談は秘密厳守で対応しています。安心してご利用ください。

支援申込連絡先


名称 一般社団法人 ほっと岡山
ふりがな いっぱんしゃだんほうじん ほっとおかやま
所在地 〒700-0921 岡山市北区東古松1-14-24  コーポ錦1階
電話 0120‐566‐311
受付時間 月~金曜の10:00~16:00(祝日・年末年始はお休み)
FAX 086-230-4561
e-mail hotokayama@gmail.com
URL http://hot-okayama.net/
備考

アクセスマップ