NPO法人 ピアサポートセンターひといろの実

団体の活動概要


ピアサポートセンターひといろの実は、主に精神性疾患を抱える方に対して、地域の中でその人らしく暮らせるよう、社会的な自立に向けた支援事業を行なっています。精神性疾患のために通院または入院している方は、長期にわたり日常生活や社会生活において制約を受け、人との関係性や社会的なつながりを失い、自宅にひきこもったり退院後の地域生活移行に不安を抱えたりしていることが多いのが現状です。

当法人では、リカバリーの概念に基づき、同じような問題や体験を共有する仲間で支え合う*ピアサポート活動を中心に、福祉作業所の運営、相談支援などを通じ、地域の人々が互いに支え合う体制づくりを目指しています。

また、入居支援については、グループホームを運営するほか、保証人が立てられず入居ができないといった方に対して民間のアパートなどへの入居のお手伝いもしています。

*ピアサポート(peer support)=同じような立場にある仲間が体験を語り合い、回復を目指す取り組み。ピアは「仲間」「対等な」という意味。

小規模作業所「つどいの杜 まりも」
小規模作業のほかにサロンを運営し、仲間づくりや居場所を提供(まりも)

居住に関連した支援対象者


18歳以上の倉敷市内の方で、精神科通院および入院している方、退院後の自立支援が必要な方。リカバリーを目指す方。

支援内容


●ピアサポート支援事業

精神性疾患の体験をもったピアサポーターがスタッフとして関わり、同じような体験から生じる感情や視点を共有しながら互いを支える支援活動を行なっています。
当事者のペースを尊重し、強制したり管理したりされないゆるやかな関わりをモットーに安心できる居場所づくりに努めています。
また、これに関連して、ピアサポーター派遣、ピアサポートについて学ぶ場の提供、主に長期入院者の方々を対象とした精神科病院での交流会や訪問活動なども行なっています。

●『つどいの杜まりも』

ピアサポート活動の拠点にもなっている通所施設(小規模作業所)でピアスタッフが運営しています。ゆるやかな時間、居場所を気軽に利用できる形で提供しています。
キャンドルの検品作業や余暇活動など利用者の方と一緒に行っています。
開所日/月・火・木・金曜 10:00~16:00
※事前に利用登録が必要です。支援条件を参照ください

●『相談支援事業所 ゆうほどう』

主に精神科に通院または長期入院の方に対し、地域生活への移行・定着をはかるために医療機関や外部支援機関と連携しサポートを行なっています。
ヘルパーのサービスを利用し生活を安定させたい、A型、B型事業所を利用して働きたいなど、必要な福祉サービスに応じてサービス等利用計画を作成し一緒に考えさせてもらっています。

●『グループホーム 杜の灯り』

世話人等の支援を受けながら、地域のアパートなどで共同生活をする居住の場を提供しています(有料)。
「できることは自分で」をモットーに、必要に応じて食事や家事など日常生活に係る援助をしています。

支援条件


つどいの杜まりもは倉敷市内の方で、自立支援医療を受給されている方、もしくは、障害者手帳を所持している方。グループホームについては、主たる対象は障害支援区分2以下の方です。

相談・支援申込方法


関連する相談機関や病院のケースワーカーからの紹介もしくは事前に連絡をして、見学や利用に関する調整をお願いしております。

支援申込連絡先


名称 NPO法人ピアサポートセンターひといろの実
ふりがな NPO法人ぴあさぽーとせんたーひといろのみ
所在地 〒710-0846 倉敷市上富井88
電話 086-441-9822
受付時間 10:00~16:00 (月・火・木・金曜)
FAX 086-441-9822
e-mail
URL
備考

アクセスマップ