総社市権利擁護センター“しえん”

団体の活動概要


総社市権利擁護センター“しえん”は、認知症、知的障がい、精神障がい、虐待や犯罪被害などで自立生活が困難な方や不自由な方を対象に、権利擁護の視点から市民サービスを提供しているワンストップ相談支援機関です。

総社市とともに、福祉・司法の各関係機関や専門家と連携をとりながら「断らない福祉」をモットーに市民生活支援に取り組んでいます。人的対象別・法制度別ではなく、多様化・複雑化している事例やトラブルに横断的に対応し、支援要素が重なっている多問題重複ケースにも対応できる総合的な支援を目指しています。

センター風景
センター風景
入居支援委員会
入居支援委員会

事業内容

  • 虐待(高齢者・障がい者・DV・児童)防止・対応
  • 成年後見制度の利用支援
  • 入居・入所・入院支援
  • 犯罪被害者支援

居住に関連した支援対象者

総社市在住で、さまざまな事情で自立生活に困難を抱えている方、お困りの方。

支援内容


入居・入院・入所困難な方への支援

障がい、精神疾患、生活困窮、高齢などの理由で、自分一人では家を探しにくい方、保証人が立てられず入居ができないといった方に対して、 住まいの確保のお手伝いをしています。施設を退所した方なども対象とし、自立生活支援につないでいます。

また、高齢者虐待、障がい者虐待、DV被害などハウスレス(狭義)状態にある人で、入居に関して緊急的な支援が必要な方の相談にも応じています。 権利擁護センターでは入居のサポート、生活支援の立て直しについては生活困窮支援センターが対応し、両輪でサポートに取り組んでいます。

成年後見制度の利用支援

認知症や知的障がい、精神障がいなどで判断能力が十分ではない方に代わって、日常的な金銭管理や契約の手続きなどの援助、遺産分割協議など法律行為を行ったり、悪徳商法などで、不利益を被らないようにするために「成年後見制度」の利用を支援しています。

虐待の防止・対応

高齢者、障がい者への虐待、DV被害など、虐待に関する相談に応じています。当事者が置かれている家庭環境や虐待の根本要因に寄り添い、多問題重複の場合には複合支援のための調整も行っています。対応困難ケースについては、専門家の助言等も取り入れながら、解決のためのサポートを行っています。

犯罪被害者支援

警察や医療機関など関係機関と連携し、犯罪被害者の方への寄り添い支援を行っています。消費者被害に関する相談にも応じています。

支援条件


総社市民

支援申込方法


相談専用ダイヤルにて随時受け付けています。
(休日・夜間は、専用携帯電話に転送されます)

支援申込連絡先


名称 総社市権利擁護センター「しえん」
ふりがな そうじゃしけんりようごせんたー しえん
所在地 〒719-1131 岡山県総社市中央一丁目1番3号 総社市総合福祉センター内
専用相談電話 0866-92-8374
受付時間 月曜~金曜日 8:30~17:15
FAX 0866-92-8284
e-mail shien@sojasyakyo.or.jp
URL http://www.sojasyakyo.or.jp
備考

アクセスマップ