ふくしネットそうじゃ
(総社市社会福祉法人社会貢献活動推進協議会)

団体の活動概要


ふくしネットそうじゃは、地域の福祉ニーズに、より幅広く対応するため平成29年に発足した任意福祉団体です。福祉制度の有無に関わらず、自立生活に困難を抱える高齢者や生活困窮者、ひきこもりの方等をはじめ、障がいや困りごとを抱えるすべての方をサポート対象とし、事業を行っています。
法制度のはざまで支援の手が届かず孤立しているケースや緊急性の高いトラブルなどにも柔軟に対応できるよう、総社市内に拠点を置く社会福祉法人19団体(2019年1月現在)が協働し、必要とされる支援につないでいます。法人が有する専門性や施設等の社会資源を生かしあうことで、地域づくりと個別支援の一体化をすすめ、複雑多様化する福祉課題の解決をはかっています。
居住支援については、下記事業の中の「安心すまい応援事業」に支援体制を設け、相談を受け付けています。

居室内の様子①
居室内の様子②

支援内容

くらし応援事業

家庭や職場で余った食品を募り、生活に配慮の必要な人の自立生活を支援するフードドライブやフードバンク、日用品の収集等を実施しています。生活困窮支援センター等が行う子どもの貧困対策(学習支援・子ども食堂など)、ひきこもり支援活動へ協力しています。

しごと応援事業

ひきこもりの方等を福祉施設等に受け入れ、ボランティアや就労等を体験しながら社会的自立へのステップアップにつなげています。

安心すまい応援事業

DV被害者等の緊急避難先や生活困窮者等に、一時的な生活の場(宿泊等)を確保し受け入れを行なっています。具体的には民間の福祉事業所 社会福祉法人吉備路の会「吉備路学園」の自立訓練施設を活用し、派遣契約の解除による社宅からの退去などさまざまな事情で住まいが確保できない状態にある方に居室を提供しています。※原則2週間、1日あたり1,000円、食事サービス(実費必要)もあります。

子育て応援事業

子どもの育ちゃ学びを応援するとともに子育てに悩む親の相談・研修等を実施しています。

新たな取組み応援事業

こども食堂等、先駆的取り組み事業についての支援および継続実施のための助成をしています。

居住に関連した支援対象者


障がい者、高齢者、低所得者、生活困窮者、子育て世帯等、なんらかの事情で一時的に住宅確保が困難な方。

支援条件


総社市内の方(原則)

支援申込方法

ふくしネットそうじゃ(事務局:総社市社会福祉協議会)の窓口に、電話もしくは来所にて相談をお受けします。

支援申込連絡先


名称 ふくしネットそうじゃ 事務局
ふりがな ふくしねっとそうじゃ じむきょく
所在地 〒719-1131 岡山県総社市中央1-1-3(総社市総合福祉センター内)
電話 0866-92-8552
FAX 0866-94-0089
受付時間 月曜日~金曜日/8:30~17:15(祝日及び、盆、正月休みを除く)
e-mail chiiki@sojasyakyo.or.jp
URL http:/ /www.sojasyakyo.or.jp
備考

アクセスマップ