NPO法人 笠岡を元気にする会

団体の活動概要


NPO法人笠岡を元気にする会は、「笠岡をよくしよう」という理念のもと、平成12年に福祉行政経験者らで立ち上げた地域福祉のための支援団体です。困っている人、弱い立場にある人に手を差し伸べ、みんなが元気に暮らせる地域づくりを目指し、まちづくりやインフォーマルサービスを中心に活動しています。

当法人では専門的な垣根を設けず、認知症の高齢者、知的・精神・身体障がい者、DV被害者、刑余者、アルコール依存や失業による生活困窮者など、なんらかの事情で自立生活に困難を抱えるすべての方をサポート対象とし、市民の駆け込み寺として「ノーと言わないNPO」を目指しています。

とりわけ、行政がカバーしきれない緊急的なトラブル、僻地(諸島)における困りごと、問題が複雑で多重化しているケース、コミュニケーションが困難な視覚・聴覚障がいの方々の人権擁護など、法のはざまで解決が難しいケースや誰にも相談できず行き場を失った方への支援を最優先に考え、生活支援相談に取り組んでいます。

福祉・司法の各関係機関や専門家、認知症専門病院、関連NPOなどと密に連携をはかり、極めて複雑、困難な事例にも対応できる「最後の砦」として多機能な支援体制のもと、活動を続けています。

共同住宅「瀬戸の家」 外観
共同住宅「瀬戸の家」 内観

居住に関連した支援対象者


笠岡市内の方。さまざまな事情で生活にトラブルや困難を抱えている方、お困りの方。
自立支援が必要な方。

事業内容


・まちおこし、島おこしに関する活動、支援、研修、人材育成
・生活相談・困り事の相談活動
・行政・福祉相談活動
・各種地域おこし活動、支援活動
・笠岡の活性化のための各団体との協議
・笠岡を元気にするためのあらゆる活動及び支援
・犯罪被害者支援

支援内容(一例)


・認知症、一人暮らし高齢者、精神障がいの方などの夜間徘徊や、DV被害、虐待、車中生活者、アルコール依存等、 さまざまなトラブルによる緊急保護(警察保護・シェルター保護)
・生活困窮者への短期貸付
・刑余者の社会復帰のための支援
・自立生活が困難な方への入居のお手伝いや就職の世話
・視覚障がい、聴覚障がいなど、コミュニケーションに困難を抱え自由な外出がままならない方たちの買い物ツアーや食事会などの企画(自主デイサービス)
・就労支援B型作業所「さとみ」の運営
・共生住宅「瀬戸の家」の運営
 社会が生んだ漂流老人といわれる方や“行き場のない方”のための法定外支援として運営しています。
・「集え~る・ひまわり」
 外出困難な方、一人暮らしで退屈な方など、介護認定に関係なく誰でも参加できる生きがい・見守り活動です(有料)

支援条件


笠岡市の方ならだれでも。

相談・支援申込方法


社会福祉事務所または民生委員を通じてご連絡ください。

支援申込連絡先


名称 NPO法人 笠岡を元気にする会(元気会)
ふりがな NPO法人 かさおかをげんきにするかい
所在地 〒714-0085 岡山県笠岡市四番町3-20
電話 0865-63-0911
受付時間 9:00~(相談は24時間受付)
FAX 0865-63-0901
e-mail info@kasaoka-genkikai.com
URL kasaoka-genkikai.com
備考

アクセスマップ